~江戸の上水編~

江戸・東京「いのちの水」を歩く  新設 野外

講座コード:
201904-01350054

2019年3月22日 更新

講師名

考古学者 橋本 敏行

内 容

徳川家康が江戸を開府する上で非常に尽力したのが、「利水」すなわち水を利用しやすくすることでした。ここでは、当時世界最大規模の人口を抱えた都市・江戸の人々の暮らしを支え、現代の大都市東京につながる先人たちの苦労と知恵の結晶である2つの上水を踏破します。ランチもテーマにちなんだものを選んでいます

日 時

第3週 木曜日 10:30~15:30

4/18、5/16、6/20、7/18、8/29、9/19

ホームページからのお申し込みは、受講日の4日前までとなります。

受講料

会員: 6か月 6回 18,144円(うち消費税額1,344円)

教材費
教材費(東京の隠れた歴史散歩)
1,944円
テーマ

4/18 神田上水(早稲田~御茶ノ水)

5/16 玉川上水1(新宿~幡ヶ谷)

6/20 玉川上水2(幡ヶ谷~下高井戸)

7/19 神田上水の水源・2つの湧水池、善福寺公園と井之頭公園

8/29 水道博物館見学

9/19 玉川上水3(下高井戸~久我山)

保険料

600円

途中受講

できます

見 学

できません

体 験

できません

ご案内

※欠席の場合は、必ず3日前までに自由が丘センター(03-3723-7100)までご連絡下さい。当日キャンセルの場合、昼食代を徴収させていただきます。
※雨天実施。荒天の場合は中止します。
※天候等により、行程や訪問順序、昼食場所は変更になる場合があります。
※交通費、入館料は各自ご負担下さい。
※8/29(木)は第5木曜日です。

初回持参品

歩きやすい服装と靴でご参加下さい。
雨具、飲み物、筆記用具、帽子、タオル等をご用意下さい。
交通費・昼食代・入館料等は各自ご負担ください。

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。