中国人講師による

篆刻&篆書体 

講座コード:
201810-04710071

2018年11月5日 更新

講師名

北京中国書画研究会会員 高 小飛

内 容

篆刻とは、中国の秦・漢時代の銅印の味を生かしながら石で印を作ることです。この講座では、遊印を作ることを主とし自分の姓名を入れる落款印も作ります。遊印とは姓名・字(あざな)・雅号以外の自分の好きな文句や詩句を彫った印章のことです。篆書の書き方や味わい方など篆刻ができるまでを指導します。

日 時

第2・4週 火曜日 15:30~17:00

10/9、10/23、11/13、11/27、12/11、12/25、1/8、1/22、2/12、2/26、3/12、3/26

受講料

会員: 6か月 12回 29,808円(うち消費税額2,208円)

設備費

2,073円

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 2,656円・教材費(1,000円程度) 要予約

ご案内

篆刻は印を作ることです。遊印を作ることを中心にして、落款印の作り方も教えます。

初回持参品

筆記用具

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。