文字のイメージを楽しく学ぶ

漢字・かな・破体書道 

講座コード:
201810-04010101

2018年10月27日 更新

講師名

東洋書道芸術学会常任理事 奥村 利城

内 容

私達が一般的に理解できるもっとも古い文字は、中国、周時代(BC1000年)の金属に刻された象形文字「金文」です。その後、篆書、隷書から実用の書と言われる草書、行書、楷書に移ります。「かな」も漢字を母体として生まれ、日本人のせんれんされた美意識と創意で、平安時代に完成されました。このかな、漢字の書法の基本から習得し、それぞれの個性的な表現力を伸ばし、作品も楽しめるような指導をします。師範取得の指導もします。 月刊書道誌「方円」をテキストに、ペン習字部門、毛筆部門の楷書・行書・草書の基本やかなの基本を実習します。

日 時

第2・4週 土曜日 13:00~15:00

10/13、10/27、11/10、11/24、12/8、12/22、1/12、1/26、2/9、2/23、3/9、3/23

受講料

会員: 6か月 12回 29,808円(うち消費税額2,208円)

設備費

2,073円

テーマ

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 2,656円・教材費別 要予約

ご案内

別(月刊書道誌「方円」800円(税別))

初回持参品

書道用具については、その都度ご相談に応じます。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。