講座コード:202104-05210030 2021年2月26日 更新

御家流・香道入門(今期は募集しません)

室町時代に興った香道は、古典を包含しながら典雅な伝統芸能として現代に伝わってきました。よいお香を「聞く」時は良い音楽を聴くときと同じ心地がします。心を澄ましてお香に向き合い、古典の世界に浸ることが香遊びの神髄であり、いつの間にか身に付く優雅な教養は美しく深いものです。

【講師プロフィル】
岡山県出身。国学院大学大学院 日本文学研究科修士修了。大学で香道研究会に入会。師匠である熊坂久美子氏に出会い教場で研鑽を積みカルチャーセンター講師として活躍。
講師名
御家流香道桂雪会講師 守屋 琢智
御家流香道桂雪会講師 関 寿隆
日時 4/4、5/2、6/6、7/4、8/1、9/5
第1 日曜日13:30~15:30

ホームページからのお申し込みは、受講日の4日前までとなります。

受講料 会員 6か月 6回 19,800円(うち消費税額1,800円)
維持費 2,442円
テーマ 古方にならい、組香をたきます。香元・執筆による点前と客は連衆として香席に臨み、香を「聞き」当てます。本講座では入門として香炉の持ち方など基本的所作などから入っていきます。
途中受講 できます
見学 できます
体験 できます 体験料 3,707円(うち消費税額337円) 香木代1,650円は教室払い
ご案内 教材費 香木代6回9,900円は教室でお支払いください。

初回持参品 古袱紗 扇子 筆記用具

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や維持費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。