裂織り&手織り 

講座コード:
201910-13610030

2019年10月7日 更新

講師名

染織デザイナー 山下 二巳子

内 容
講座写真1
講座写真2

裂織りの始まりは、江戸時代中期と言われています。古布を細かく裂いて麻糸とともに織り上げる再生衣料です。その肌触りの良さと混色は、民芸品としても伝わっています。この講座は、折りたたみ可能な卓上織り機を使って、織物の基本からマイペースで学びます。希望の方は(公財)日本手芸普及協会の講師資格も取得可能です。

日 時

第1 火曜日 13:00~16:00

10/1、11/5、12/3、1/7、2/4、3/3

ホームページからのお申し込みは、受講日の6日前までとなります。

受講料

会員: 6か月 6回 19,800円(うち消費税額1,800円)

設備費

924円

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 体験料 3,454円(うち消費税額314円) 随時 教材費3,400円(教室払い・織機レンタル代含む)  作品:A4サイズマット 持ち物:なし

ご案内

教材費別 織機代26,800円 テキスト3,300円、材料費(1作品)2,730円~
*受講初回(一日体験)のみ、織機レンタル

初回持参品

はさみ、メジャー、筆記用具、幅40㎝程度のカレンダー数枚、織り機を持ち運ぶための風呂敷またはバッグ(幅53㎝×深さ40㎝×マチ10㎝) *一日体験の場合、持ち物は特にありません。

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。

※2019年10月1日以降に実施する講座については、改定後の消費税率10%が適用されます。