~初めて小説を書く方から新人賞受賞を目指す方まで~

小説を書こう  新設

講座コード:
201910-01130001

2019年9月2日 更新

講師名

小説家 仙田 学

内 容

小説を書いてみたいけれど、何から手をつけていいのかわからない。何度も新人賞に応募しているのに、最終選考まで残らない。小説を書く行為にはさまざまな困難がつきものです。
本講座では、それらの困難の一つひとつに丁寧に寄り添います。とりわけ、「他人に読んでもらう」ことを通して自分の発した言葉がどれほど想定外の意味を持って受け取られるか、その広がりを知っていくことのなかに、多くの困難の解決策はひそんでいます。
講師や受講者は皆さんにとって最初の優しくも厳しい読者です。ひとりでは超えられなかった壁を超えて作品を磨きましょう。
3か月間でプロとしてデビューする、あるいはそのためのとっかかりをつかんでいただくというところを目標にします。何をどう書けばいいのか悩んでいる・・・という方は、是非遊びに来て下さい。

【講師プロフィル】
2002年早稲田文学新人賞受賞。著書に『盗まれた遺書』(河出書房新社)、『ツルツルちゃん』(NMG文庫)がある。「文藝」「早稲田文学」「文學界」「すばる」「別冊文藝」などに小説の書評やエッセイを執筆。4月から「日刊SPA!」でエッセイのweb連載も始める。
〈テーマ〉
自己紹介~キャラを作る
描写をする
課題作品講評

日 時

第3 金曜日 10:30~12:30

10/18、11/15、12/20、1/17、2/21、3/20

ホームページからのお申し込みは、受講日の2日前までとなります。

受講料

会員: 6か月 6回 16,500円(うち消費税額1,500円)

設備費

990円

教材費
教材費(200)
1,320円
途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 体験料 3,135円(うち消費税額285円)

ご案内

教材費、コピー代別途。

初回持参品

筆記用具、800字程度の自己紹介文(1日体験の際も同じ)

講師ホームページ

https://ameblo.jp/sendamanabu/theme-10099011284.html

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。

※2019年10月1日以降に実施する講座については、改定後の消費税率10%が適用されます。