講座コード:202201-12110105 2021年12月1日 更新

蒔絵

漆芸作家勝又 智

蒔絵は日本独自の工芸です。
その歴史は古く、奈良時代より現代まで時代ごとにその様式を変えて脈々と伝えられてきました。蒔絵の技法は漆で文様を描き、その強い接着力で金銀の粒子や貝を定着させ最高度に磨き上げるものです。本講座では、蒔絵の名品に表された古典文様の美しさを学びながら、現代の感性にもあった作品を生徒一人一人の個性と能力に合わせ、わかりやすい指導で作り上げていきます。

日時 1/5、1/19、2/2、2/16、3/2、3/16
第1・3水曜日 13:00~15:00

ホームページからのお申し込みは、受講日の8日前までとなります。

受講料 会員 3か月 6回 39,600円(うち消費税額3,600円)
維持費 3,300円
途中受講 できます
見学 できます
体験 できません
ご案内 教材費は別途かかります。(5万円位)

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や維持費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。