講座コード:202104-06020001 2021年7月27日 更新

よくわかる狂言教室

十世三宅 藤九郎

奈良時代に唐より伝来した散楽がルーツとされる狂言。笑いの要素が洗練され、鎌倉・室町時代の主要な芸能となり、江戸初期には和泉流などが確立しました。講師は約560年の歴史を持つ和泉宗家の二女として、三歳で初舞台。人間国宝で祖父・九世藤九郎の跡を継ぎ、十世藤九郎を襲名しました。女性狂言師として、テレビ、舞台、ライブで大活躍の十世三宅藤九郎が、歴史と背景、舞台の構造などについて、実際のお稽古を通して狂言の真髄(こころ)を語ります。
日時 4/20、5/18、6/15、7/20、8/17、9/21
第3火曜日 13:40~15:10

ホームページからのお申し込みは、受講日の4日前までとなります。

受講料 会員 6か月 6回 23,925円(うち消費税額2,175円)
維持費 2,640円
途中受講 できます
見学 できます
体験 できます 体験料 4,427円(うち消費税額402円)
ご案内 教材費別:謡本5,000円他

初回持参品 持ち物:扇(ご希望の方は講師に注文できます。7,000円位)、たび、扇をさせる服装

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や維持費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。