講座コード:202104-01450020 2021年7月13日 更新

しっかり学ぶ仏像の見方

早稲田大学 文学学術院講師羅 翠恂

 日本の古寺に伝わる美しい仏像たち。奈良や京都の寺院には多くの仏像が伝えられており、私達は穏やかな表情の仏像を拝観すると、心の安らぎを覚えます。そうした仏像にはそれぞれの歴史があり、その形には一定のきまりがあります。本講座では、仏像のスライドを見ながら、日本の仏像を鑑賞する上で役立つ基礎知識を、インド中国まで遡りながら丁寧に習得していきます。
 今期は、中国唐代までの仏像について、各時代の様式的な特徴だけでなく、当時流行した主題にも踏み込みながら学んで行きます。
日時 4/13、6/8、7/13、7/27、8/10、9/14
第2火曜日 10:30~12:00

ホームページからのお申し込みは、受講日の3日前までとなります。

受講料 会員 6か月 6回 21,780円(うち消費税額1,980円)
維持費 2,442円
教材費
教材費200 1,320円
テーマ 4/13 テーマ別学習:未来の仏、弥勒仏の造形
5/11 テーマ別学習:物語の視覚化-釈迦の過去世の物語「本生」と本生図
6/8 テーマ別学習:物語の視覚化-釈迦の現世の物語「仏伝」と仏伝図
7/13 テーマ別学習:須弥山図と仏教の世界観
8/10 中国北周・北斎・隋の仏教美術(未法思想と美術)
9/14 中国初唐の美術(国際性とインドへの憧憬)
途中受講 できます
見学 できます
体験 できます 体験料 4,257円(うち消費税額387円)
初回持参品 筆記用具

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や維持費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。