日本遺産認定記念講座

荒波を越えた男たち 北前船ゆかりの地を巡る  公開

講座コード:
201901-18010110

2019年2月8日 更新

講師名

宮津市教育委員会事務局文化振興課振興係主任 河森 一浩

諸寄歴史と文化の薫るまちづくり委員会事務局長 新古 雅紀

公益財団法人鳥取市文化財団 鳥取市歴史博物館やまびこ館学芸員 石井 伸宏

内 容

江戸時代から明治末期にかけ、瀬戸内から日本海沿岸の港は一獲千金を夢見た男たちの廻船の寄港地・船主集落として賑わいました。北前船は地域間の価格差を利用し、積荷を各地で売買する商売で、商品を安いところで買い、高いところで売りさばき、その利益は一航海千両ともいわれる富を生み出しています。北前船の交易がもたらした富は今でも町の随所に足跡を残し、海との深いかかわりを直に感じ取ることができます。
 港の立地や上方が起源とされる祭や芸能、地元ならではの食文化など、交易を通して港が果たした役割とその魅力を解き明かします。
 宮津市(京都)新温泉町(兵庫)鳥取市(鳥取)を巡ります。

日 時

1/11、2/8、3/8 金曜日

第2週 金曜日 13:00~14:30

ホームページからのお申し込みは、受講日の3日前までとなります。

受講料

会員: 3回 3,240円(うち消費税額240円) 一般: 3回 3,240円(うち消費税額240円)

テーマ

1/11 京都府 宮津市
2/8 兵庫県 新温泉町
3/8 鳥取県 鳥取市

初回持参品

筆記用具

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。