琵琶湖の水辺ーその多様な文化の魅力  新設

講座コード:
201804-01590005

2018年4月30日 更新

講師名

NPO法人歴史資源開発機構 大沼 芳幸

内 容

日本最大の湖である琵琶湖は大きな自然であるばかりでなく、極めて文化的な自然でもあり、ここから様々な文化が生まれ、日本中に拡散していきました。日本の精神文化を造り上げた天台仏教の聖地として「近江のうみは海ならず、天台薬師の池ぞかし」と表現されているのが好例でしょう。今回の講座では、琵琶湖が持つ文化的な魅力について、豊富な画像を用い、分かりやすく解説します。

【講師プロフィール】
元滋賀県立安土城考古博物館副館長。民族考古学を軸に琵琶湖文化史を重層的に研究。歴史文化遺産探訪、講座、講演を通して、琵琶湖の文化を紹介する取り組みを行っている。2016年博物館活動奨励賞受賞。

日 時

第3週 土曜日 13:00~14:30

6/16、7/21、8/18、9/22

受講料

会員: 6か月 4回 10,800円(うち消費税額800円)

設備費

648円

教材費
教材費(100)
432円
テーマ

06/16 第1回 近江八景の魅力
07/21 第2回 世界の神秘 琵琶湖の湖底遺跡
08/18 第3回 日本遺産琵琶湖の魅力
09/22 第4回 驚きの食文化「琵琶湖八珍」

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます

初回持参品

筆記用具

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。