〖講座紹介〗 いきいき楽しむヘルマンハープ

                恵比寿センターのおすすめ講座を紹介します。

ヘルマンハープ写真2.JPG

 ヘルマンハープは本場ヨーロッパで製作されているバリアフリーな弦楽器です。元は、ドイツ・バイエルン州の農場主、ヘルマン・フェー氏によって1987年にダウン症の息子のために開発され、2004年から梶原千沙都氏がヘルマン・フェー社より信託を受け、日本にヘルマンハープを導入しました。ヘルマンハープ専用楽譜を弦とハープの表板の間に差し込むと、音符の玉が現れます。音符の玉を上から下へとはじくと、伴奏をつけて曲を演奏することができます。そのため、五線譜の知識は、一切不要。 長い余韻と小さな音なので、自宅でゆったり楽しめる、現代の生活にぴったりの癒しのサウンドなのです。

基本の構えや手のかたちを学ぶとヘルマンハープをより美しく奏でられ、また、指先を使うので脳トレにも最適です。何歳からでも楽しく始められる、そんな楽器を一緒にアンサンブルで奏でてみませんか。ヘルマンハープで音楽のある生活を楽しみましょう。

 担当講師 梶 香津子(かじ かずこ) 日本ヘルマンハープ振興会認定インストラクター       講座の詳細は コチラ から