講座コード:202301-21010051 2022年12月2日 更新

満員 公開

[いぶき会員専用]国立劇場初春歌舞伎「通し狂言 遠山桜天保日記」1/15(日)

 観劇の前に、レクチャーが付いたお得な講座です。初めての方も、改めて基本を知りたい方にもおすすめです。
  
【演目】「通し狂言 遠山桜天保日記」(とおやまざくらてんぽうにっき)

【出演】 尾上菊五郎 中村時蔵 尾上松緑 尾上菊之助 ほか
【日時】1月15日(日)12:00開演(16:00終演予定)
     事前レクチャー11:00~
    (講師:明治大学名誉教授 神山彰さん)
※事前レクチャー会場は、国立劇場敷地内「伝統芸能情報館」3階

【受講料】12,000円(1等席)
【会場】国立劇場(半蔵門)
【申込締切】1月6日(金)まで

あらすじ
 桜吹雪の入れ墨でご存じ“遠山の金さん”。溜飲が下がる“遠山桜”の名裁きに、悪党たちの妖しい魅力を散りばめ、江戸歌舞伎の粋の真髄を味わえます。
 今回の初春歌舞伎公演が現在の国立劇場での最後の初芝居となります。ぜひ、初代国立劇場へお越しください。

画像:国立劇場提供。

※開講最少人数に満たない場合は、受講料をご返金いたします。

【注意事項】
・チケットは当日、会場でのお渡しです。
・公演日の1週間前を目途に、チケット引き換えのハガキ(受講券)をお送りいたします。
・座席は1等席区画内より、ランダムでの割り当てとなります。個別にお席を選ぶことはできません。
・チケットの手配がございますので、お支払い後のキャンセルは受け付けません。
・やむを得ない事情で出演者に変更があった場合でも返金は致しかねますので、あらかじめご了承ください。
日時 1/15 日曜日
 11:00~16:00

ホームページからのお申し込みは、受講日の10日前までとなります。

受講料 会員  1回 12,000円(うち消費税額1,090円)
一般  1回 12,000円(うち消費税額1,090円)
ご案内 会場:国立劇場(東京都千代田区隼町4-1)
半蔵門線「半蔵門駅」1・6番出口から徒歩約5分
有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町駅」4番出口から徒歩約8分、2番出口から徒歩約10分

お申し込みは、下記の申込ボタンからクレジット決済できます。
払込用紙(手数料154円)をご希望の方は、お問い合わせにご記入ください。

※ホームページからもお申し込みいただけます。ホームページからのお申し込みには「読売ID」の登録が必要です。詳しくは「初めてご利用の方へ」をご覧ください。

「読売ID」の登録には一人ひとつのメールアドレスが必要ですが、メールアドレスをお持ちでないご家族がいて複数人分を申し込みされたいなどの場合は、「見学申込・問合せ」(公開講座は「お問い合わせ」)ボタンから各人のお名前や人数などを入力して送信してください。

※残席状況は申し込み手続き中に変動する場合があります。

※受講料や維持費、教材費等は消費税込みの金額です。講座開始日前のご入金をお願いします。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※当社側の事情で講座が成立しない場合は全額を返金します。お客様の都合でキャンセルされた場合は、所定の手数料を承ります。

※定期講座の受講はよみうりカルチャーに入会が必要です。定期講座の体験、公開講座の受講はよみうりカルチャーに入会不要です。入会・受講規約をご覧ください。

※定期講座で優待割引を利用して申し込みされたい方は、「見学申込・問合せ」ボタンから利用したい優待名を入力して送信してください。

本講座は定員に達しました。