講座コード:202110-18010392 2021年8月23日 更新

公開 オンライン

ロシアの印象派、アール・ヌーヴォー、象徴主義、立体未来派、民衆芸術

[オンライン]帝政末期のロシア美術の美とダイナミズム 第1回 10/16

美術史家福間 加容

 ロシアでは19世紀後半から20世紀初頭にかけて、創造的エネルギーが充満しており、すばらしい美術作品が生まれました。この講座では、当時の絵画作品を中心に、日本ではあまり知られていないロシアの美術の魅力を解き明かしていきます。ロシアとフランスそれぞれの印象主義の関係性や違いなど、西欧の芸術作品にも触れながら、絵の見方やポイントについてもお話しします。当時の画家たちは、私たちにもお馴染みのロシアの作家や音楽家たちと親しく交友していました。彼らを支えたパトロン(芸術支援家)もいました。いろいろな傑出した人々が交流する中で芸術的創造が行われた様子も、美術を中心に紹介します。繊細優美でダイナミックさも併せ持つ、帝政末期のロシアの美術を楽しんでください。

【受講方法のご案内】
・Zoomのソフトウェアは必ず最新版に更新の上、ご受講ください。
・自動返信メールで、講座視聴URLとパスワードをお知らせいたします。メールが届かない場合は03-3642-4301または、online@ync.ne.jpまでご連絡ください。
・お申し込みのお名前で入室ください。確認後、承認します。
・当日は講座開始時間の20分前から入室できます。接続が不安な方は、お早めに入室ください。確認後は入退室が可能です。
・お客様のお名前や映像・音声が講座内で共有されます。またマイクの「オン・オフ」は主催者側で操作する場合があります。
・お客様のビデオは必ず「オン」でご受講ください。
・お客様の通信環境、視聴環境に伴う障害や不具合に関して、当社は責任を負いかねます。
・講座の様子は品質管理のため録画させていただきます。
・解約の際は10月14日(木)19時までにonline@ync.ne.jpにご連絡ください。手数料20%を差し引いた金額を返金します。既定のお時間を過ぎますとキャンセルできません。
日時 10/16 土曜日
第3土曜日 13:00~14:30

ホームページからのお申し込みは、受講日の1日前までとなります。

受講料 会員  1回 3,300円(うち消費税額300円)
一般  1回 3,300円(うち消費税額300円)
維持費 220円
テーマ 第1回 美術アカデミーと「移動展派」
 
 ロシアの近代美術は、「移動展派」という芸術家たちのグループが、美術アカデミー制度から独立したことに始まります。芸術家たちは、ギリシャ・ローマ神話をはじめとするヨーロッパの古典から主題をとるのではなく、自分たちに直接関係する、自分たちの住むロシアに関係すること、目の前の現実を主題にしたいと願ったからです。リーダーのクラムスコイは、日本でも人気の高い《見知らぬ女》(1883)の作者でもあります。第一回目は、文豪トルストイやドストエフスキーら、文学者の肖像も含め、「移動展派」の代表的な作品を紹介します。
ご案内 この講座はZoomを使用したオンライン講座です。インターネットに接続できる環境でご受講ください。

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や維持費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。