フィギュア写真講座 売り上げの一部をコロナ支援基金に寄付

 よみうりカルチャーは、フィギュアスケート羽生結弦選手の撮影を続けるフォトグラファー能登直さんによる講演「ファインダー越しに見るフィギュアの世界」を1月30日にオンラインで開催しました。売り上げの一部119,901円を、読売光と愛の事業団「コロナ医療福祉支援基金」に寄付しました。本日(3月2日)、読売新聞朝刊都内版に掲載されました。

(3月2日)