[講座]日本の伝統・雅楽「笙」の魅力を知る〈演奏会付き〉(10月28日水曜)

雅楽「笙」鈴木治夫・仕事場350-475.jpg 雅楽「笙」大塚惇平350-475.jpg

 

 

 奈良時代から受け継がれる雅楽の楽器「笙(しょう)」の魅力を堪能します。前半は、笙職人で演奏者でもある鈴木治夫さんと、新進気鋭の笙奏者として注目されている大塚惇平さんのトークです。後半は、笙の響きを独奏にてお楽しみいただく演奏会です。

 

  

 【日時】 10月28日(水)19:00~20:15

 【会場】 読売新聞東京本社3階「新聞教室」
      (東京メトロ千代田線・丸ノ内線・東西線・半蔵門線「大手町駅」C3出口直結)

 【講師】 笙職人 鈴木治夫さん

      笙奏者 大塚惇平さん

 【受講料】会員・一般 3,300円(税込み)

 【問い合わせ・申し込み】事業担当 03-3642-4301

お申し込み〈コンビニ払込(別途、払込手数料110円)をご希望の方〉はこちら

お申し込み〈クレジットカード支払いご希望の方(外部サイト「パスマーケット」に移動します)〉はこちら



  

よみうりカルチャーでは、新型コロナウイルス感染拡大防止の三つの基本(身体的距離の確保、マスクの着用、手洗い)を踏まえながら、細心の注意を払って講座を運営しています。「新聞教室」を会場にした本講座でも、以下の防止策を行います。

  • 講座当日は、お出かけの前に検温をお願いします。37度5分以上ある場合、ご受講できません。教室入り口でもスタッフが非接触型体温計で検温いたします。
  • 風邪の症状がある場合、ご受講をお控えください。
  • 教室入り口に、手指用の消毒液を用意します。
  • 講座中もマスク着用をお願いいたします。
  • 教室内のいすは、隣と距離を空けて配置します。
  • 換気のため、講座中も入り口の扉は開放します。

 ご理解、ご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。

 

 

 《問い合わせ》事業担当 03-3642-4301(平日10:00~19:00、土曜日は17:00まで)