[中止になりました]日日是好日(にちにちこれこうじつ)― お茶が教えてくれたこと ―(5/10)

※講座を中止することになりました(3月31日)

 公開講座は、よみうりカルチャーの会員様と一般のお客様が受講できます。

 このページでご案内している講座の受講料は消費税込みの料金です。受講料のほかに保険料、教材費などが別途かかる場合があります。料金のお支払いは、受け付けセンター窓口、WEB決済(クレジットカード一括支払い)、コンビニ払込(手数料別途、1名様110円)で承ります。お申し込みは、各センターで承ります。このページ各所の「詳細・申し込みはこちら」またはお電話で承ります。

よみうりカルチャーTOPページに戻る



公開講座(2020年4月期掲載)※講座を中止することになりました(3月31日)

日日是好日(にちにちこれこうじつ)― お茶が教えてくれたこと ―

森下典子さん234-382.jpg 「日日是好日(にちにちこれこうじつ)」の著者・森下典子さんをお迎えして、40年間続けてきたお茶にまつわるお話やお茶の魅力、映画化のエピソードについてもお聞きします。五感で季節を味わう歓び、自然に身を任せ、時を過ごすこと――お茶が教えてくれた様々なメッセージから日々を豊かにするヒントを見つけてみませんか講演はインタビュー形式で行います。聞き手はフリーアナウンサーの寺澤京子さん。



森下典子さん
1956(昭和31)年、神奈川県横浜市生れ。日本女子大学文学部国文学科卒業。大学時代から「週刊朝日」連載の人気コラム「デキゴトロジー」の取材記者として活躍。その体験をまとめた『典奴どすえ』を1987年に出版後、ルポライター、エッセイストとして活躍を続ける。『典奴ペルシャ湾を往く』『前世への冒険――ルネサンスの天才彫刻家を追って』『ひとり旅の途中』『日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』『いとしいたべもの』などの著書がある。


【日時】5月10日(日)13:30~15:00

【会場】読売新聞東京本社3階「新聞教室」
    (東京メトロ千代田線・丸ノ内線・東西線・半蔵門線「大手町駅」C3出口直結)

【受講料】会員3,300円、一般3,630円

【申し込み・問い合わせ】4センターで受け付け中

大森センター(アトレ大森6階) 北千住センター(ルミネ北千住9階)
03-5471-6311 03-3870-2061

町屋センター(区立町屋文化センター内) 大宮センター(JACK大宮1階)
03-3802-7115 048-640-1110