[講座]新元号「令和」と万葉集 上野誠講師(5/22・荻窪)

190402令和万葉集詞書かな書き直し.JPG 新時代「令和」の始まりにあたり、特別講座を企画しました。

 新元号「令和」と万葉集  5月22日(水)13:30~15:00

 万葉学者で奈良大学教授の上野誠さんが解説します。

 『万葉集』から採られた元号「令和」に込められた思いはどんなものなのか。天平2年(730年)正月13日に、九州・大宰府の長官、太宰の帥(そち)だった大伴旅人の邸宅で催された宴に集った人々をはじめ、庶民から天皇まで、万葉の歌人の心に思いをはせて『万葉集』を解説します。

 そして、『万葉集』が啓く新しい時代へ望み託して、巻五に収録された梅花の宴の歌と序文を読んでゆきます。

 講座については、こちらから。

 ※序文のかな書き=右=は「実用書道」森桃郷講師


◇新元号「令和」と万葉集
◆日 時:5月22日(水)13:30~15:00
◆受講料:会員2,916円、一般3,240円
◆会 場:荻窪センター
◆問い合わせ:荻窪センター(03-3392-8891) ogikubo@ync.ne.jp