Lesson23 東京近郊で紅葉の撮影スポット

 東京近郊には、紅葉の名所がたくさんありますが、ご自分の好みで「画になる撮影スポット」を探しましょう。撮影地が決まったら、晴れた日の早朝に出かけます。三脚は紅葉の名所では、持ち込み禁止が多くなりますので事前に調べておきましょう。

 撮影地に着いたら、慌ててすぐにシャッターを切らないで、全体を見渡し、逆光線で美しく輝いている紅葉を探してください。逆光線では、ゴーストやフレアーが出てクリアーな写真にならない場合がありますがら、フードを付けそれでも余計な光が入る時は、左手で「晴れ切れ」をやってください。

 

【写真A】
千葉県松戸市・本土寺にて撮影

 千葉県・松戸市の本土寺で撮りました。本土寺は、一万坪もの起伏のある境内が錦に染まります。

 ニコンの18ミリ~200ミリのズームレンズにPLフィルターを装着して、シャッター優先モードで250分の1で切りました。赤色を強調するためにピクチャーコントロール(キャノンはピクチャースタイル)をビビットにしました。

 強い逆光線だったのでゴーストが出ましたので、左手でフードを軽くつかんで「晴れ切れ」をやって撮影しました。

 

【写真B】
埼玉県新座市・平林寺にて撮影

 埼玉県・新座市の平林寺で撮りました。平林寺は広大な境内に二万本もの紅葉が、京都のように真っ赤になり、カメラマンに人気の撮影スポットです。

 この写真は、夜に嵐が吹き、見ごろの真っ赤な紅葉が散ったものです。こんな風景は珍しいので、すかさず緑の草の上に散った紅葉を撮りました。写真の撮影はハンティングと同じで獲物を逃してはなりません。上下左右に目配りしてアッと驚くような写真を狙ってください。

 


◆講師 読売新聞社写真部OB  今野 洋一

◆指導センター

荻窪(03-3392-8891)

第1・3日曜 13:00~15:00

錦糸町(03-5625-2131)

第2・4日曜 10:00~12:00

第2・4日曜 13:00~15:00

川口(048-255-3085)

第2・4土曜 10:00~12:00