Lesson14 赤ちゃんをかわいく撮る

赤ちゃんの笑顔は愛くるしく、写真の被写体としては最高のモチーフです。

我が家にも初孫が誕生し、ジジ、ババは目尻が下がりっぱなしです。

ゆで卵のような肌や、澄んだ青みがかった美しい目のかわいい笑顔の写真を、アルバムに残してください。

赤ちゃんをかわいく撮る

①赤ちゃんのご機嫌のいい時に、曇り空のベランダで撮影しました。

②ISO感度を400にし、絞りをF8程度にしてバックをぼかします。

③ピクチャーコントロール(キヤノンでは「ピクチャースタイル」)を、ポートレートまたはスタンダードにしてください。
 間違って風景などにすると、顔が真っ赤になってしまいます。

④曇り空でも逆光になるので、ストロボを弱めに発光します。
 別売りのストロボに、光を拡散するディフューザーを装着して、光量を3分の1EV程度で弱めの、柔らかい光で撮るのがコツです。
 内蔵のストロボの場合でも、弱めの光量で撮影してください。

B 
赤ちゃんをかわいく撮る

 
 ①ISO感度を800にし、ストロボを使わずに撮影しました。

 ②窓の外からの光がメーンなので、ホワイトバランスは「晴天」に設定しました。

 ③明るい窓の方におもちゃを置いて、自らも腹ばいになってカメラを構え、「律ちゃん、ここまでおいで」と声をかけます。

 ④赤ちゃんがおもちゃに向かってハイハイしてくるところを、手を伸ばすタイミングや顔の表情などを見ながらシャッターを切ります。


◆講師 読売新聞社写真部OB 今野 洋一

◆指導センター

 荻窪(03・3392・8891)  第1・3日曜 13:00~15:00

 錦糸町(03・5625・2131) 第2・4日曜 10:00~12:00

                   第2・4日曜 13:00~15:00

 川口(048・255・3085)  第2・4土曜 10:00~12:00