Lesson10 お祭りで迫力ある神輿の撮り方

 日本各地には、いろいろな祭りがありますが、今回は東京の下町でフォトジェニックな祭り、「深川祭り」を参考にご説明します。

 「深川祭り」は、永代橋を渡ると、神輿にダンプカーの上から激しく水がかけられ、水しぶきが舞い、担ぎ手もずぶ濡れ。
 迫力ある魅力的な写真が撮れる祭りです。

 カメラにも水しぶきがかかるので、タオルを持参して、濡れたら拭き取ってください。

①スニーカーを履くなど歩きやすい軽装で、カメラバッグを背負い、両手は空けて撮影に集中してください。

②神輿に水をかけている場所を探し、神輿の前に行き、シャッター優先モードにして500分の1で撮ってください。

③ファインダーをのぞきながら狙うと、どうしても神輿の前にいる関係者の頭が引っ掛かり、担ぎ手がよく見えません。
 ファインダーをのぞかずに、カメラを頭の上まで両手で持ち上げ、カメラの角度を考えながらシャッターを切ってください。
 最初は狙ったとおりにはいきませんが、カメラの角度がわかってくると、狙いどおりの写真が撮れるようになります。

この撮影ができると、お祭りでもパレードでも、前に立つ人越しに撮れますので、練習してみてください。

クリックすると大きな画像が見られます

[参考:三社祭の写真]

クリックすると大きな画像が見られます


◆講師 読売新聞社写真部OB 今野 洋一

◆指導センター

 荻窪(03・3392・8891)  第1・3日曜 13:00~15:00

 錦糸町(03・5625・2131) 第2・4日曜 10:00~12:00

                   第2・4日曜 13:00~15:00

 川口(048・255・3085)  第2・4土曜 10:00~12:00