「着る」から「着せる」へのステップアップ

着ごこち 着付士養成講座  野外

講座コード:
201804-15400060

2018年2月13日 更新

講師名

みやうち着物学院講師 髙橋 文子

内 容

日本の伝統文化の着物を「着る人」から「着せる人」になりたい方を募集しています。「着付士」は文化を継承するトレンディーな職業です。確実な技術で「着付け」の理論と実技を指導しますので、これを機会にプロへの第一歩を踏み出しませんか。初歩の方から現在活躍中の方まで、どなたでも受講できます。余計な道具や器具は使いません。

日 時

第1・3・5週 金曜日 17:30~20:30

4/6、4/20、5/18、6/1、6/15、6/29

受講料

会員: 3か月 6回 20,736円(うち消費税額1,536円)

設備費

907円

テーマ

訪問着・喪服・留袖・街着・振袖・紋服・七五三・女袴・浴衣

接遇を考えた着付けで体系別・用途別・髪型別・小物と帯の素材別の指導で技能向上。
相手に職業として着せられるようになります。
36単位取得後は協会の資格も受験できます。

途中受講

できます 要見学 要相談

見 学

できます

体 験

できません

ご案内

ご希望の方には着物・帯の貸し出しを致します。要予約(1回1点300円〜500円)教室でお支払い下さい。
※初回は初心者の方は長じゅばんまでで終わることが多いです。長じゅばんが終わったら留袖をやります。

初回持参品

当日ご用意いただくもの:筆記用具、脱脂綿50g、ガーゼ5m、浴用タオル3枚、肌着、足袋、長じゅばん、腰ひも数本、だてじめ等

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。