大倉流能囃子・小鼓 個人レッスン 

講座コード:
201804-06450030

2018年4月13日 更新

講師名

重要無形文化財総合指定保持者 古賀 裕己

内 容
講座写真1
講座写真2
講座写真3

「間」の芸術と言われる能囃子。古代より語り継がれて来た文学を題材に謡曲として作り直された能楽、短歌長歌を独特のリズムで演奏していきます。

小鼓の音は「無」の時間を確かめるものです。良い音色に越したことはないですが、むしろ音を出す前に作るリズム(込み)を大切にします。謡イを入れながら基礎的なリズムをゆっくりお稽古して行きます。掛声(かけごえ)も雰囲気づくりの他に重要な意味をもっています。恥ずかしがらずに大きな声を出してください。

日 時

第1・3週 水曜日 12:00~15:00

4/4、4/18、5/2、5/16、6/6、6/22

受講料

会員: 3か月 6回 22,680円(うち消費税額1,680円)

設備費

972円

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます  体験料3,942円

ご案内

鼓レンタル料  500円(一回)先生に直接お支払い下さい
※4月18日は、午後1時半頃からスタートします。
※6月22日は、第4金曜、13:00~16:00で行います。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。