本物を観る!

刀からみた新選組 

講座コード:
201804-01310096

2018年5月18日 更新

内 容

                         新選組刀剣研究家  権 東品

 新選組の刀剣を研究し、その成果と独自の目線から新選組の真実を追い続ける講師が、毎回隊士たちにまつわる日本刀を教室に持参します。「刀の来歴をひも解いていくことで、彼らの姿も見えてくるはず」と講師は語ります。50年に及ぶ講師の研究成果は、一般に広く知られている新選組の定説や通説を裏付けるものもあれば、異なる真実を指し示すものもあります。池田屋事件で近藤勇が使用した「虎鉄」は本物だったのか? 坂本龍馬を暗殺したのは新選組だったのか・・・? 明治維新150年、そんな歴史のミステリーにも迫ります。また、真剣を手に取って、刀剣鑑賞のマナーや見方も学ぶことができる「独創的かつ楽しい」講座です。「刀剣女子」や新選組ファンの参加をお待ちしています。

<テーマ>
5/20 14:30〜16:00
現存する土方歳三愛刀 越前康継・和泉守兼定・大和守秀國について
展示刀:会津11代和泉守兼定
6/3
会津藩支給の7本の大和守秀國は池田屋事件か三条制札事件か?
展示刀:大和守秀國
6/24
池田屋事件で使用の近藤勇の虎徹は本物だった!
展示刀:長曾祢興里入道虎徹
7/22
大正まで生きた新選組草創期幹部、永倉新八・斎藤一にまつわる刀
展示刀:松軒入道元興
8/26
坂本龍馬・中岡慎太郎暗殺当日近藤勇のアリバイを証明する刀
展示刀:三善長道
9/9
近藤勇最期に所持した刀
展示刀:陸奥大掾三善長道・長曾祢興里入道虎徹

日 時

13:45~15:15

5/20、6/3、6/24、7/22、8/26、9/9

受講料

会員: 6か月 6回 16,848円(うち消費税額1,248円)

設備費

907円

途中受講

できます

見 学

できません

体 験

できません

初回持参品

筆記用具

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。