音楽って楽しい!⑪ 「カントリーを楽しもう」 ジュン岡村先生

音楽講座の先生にお話しを伺う連載企画"音楽って楽しい!" 

 

第11回は、渋くてかっこいいジュン岡村先生です。 

 

―先生とカントリーの出会いは。 

子どもの頃から父親に連れられ米軍キャンプや将校宅へ行っていたので、英語の歌をよく耳にしていました。 

そして、高校時代にカントリーに出会ってのめり込み(笑)、プロを目指すようになりました。 

日本カントリー界の第一人者・黒田美治氏に師事し、大学時代にバンドを結成し、同氏の一番弟子と認められプロデビューをさせていただきました。 その後、アメリカ、ベネズエラと移り住み、ラテンカントリーを学びました。 

 

―レッスンでは。 

英語が話せなくても英語らしく聞こえ、もちろん外国人が理解できる発音で、ですよ(笑)。 

しかも、上手く聞こえる歌い方を細かく指導します。 やはり、皆さん英語に苦手意識がありますからここは丁寧にしています。 あと、譜面に関しては、もう入手できないものや、もともと譜面の無いもの、また譜面と実際のメロディーが異なるものもあるので・・・ 

自分で譜面を起こして皆さんにお配りしています。 

また、ギターを希望する方には簡単なコード、弾き方もお教えしています。 

カントリーを歌っているとギターを弾きたいと思うのは当然ですからね。 

 

いま、うちのクラスは男性が多いんですよ。皆、仲が良くてよい雰囲気です。 

カルチャーのイベントにも積極的に参加しています。 

以前は、僕と有志で出演していたのですが、最近は講座の皆で出ています。 

堅苦しい雰囲気が全く無く、皆で楽しくレッスンしていますので、ぜひ一度見学に来てみて下さい。 

〈プロフィル〉 

作詞作曲家にして英語、スペイン語の通訳翻訳も。1960年代、伊勢佐木町にあった伝説のジャズ喫茶「ピーナッツ」の看板歌手であり、 横浜近郊を本拠地として活躍した本格派カントリーシンガー。 

 

〈担当講座〉~体験・見学は横浜センターまで~ 

「カントリーを楽しもう」 第1・3水曜15:15~16:45