よみうり大手町スクール

 

大手町で学びませんか

 

 大手町や丸の内で働く20~40代のビジネスパーソンに向けて、この春から、読売新聞東京本社3階の新聞教室で「よみうり大手町スクール」が始まりました。時間帯は仕事の後の平日夜。入会金はなく、体験も可能です。自分磨きの学びの時間をお楽しみください。秋はすてきな講座がいっぱいです。

 

 

 

 ひふみんの女性将棋教室

 

 

 

 将棋の現役最年長棋士・加藤一二三(ひふみ)九段が、女性を対象に指導します。初心者歓迎。「多面指し」で全員と対戦し、対局を通して楽しく手ほどきしてくれます。

(30人限定)

第4水曜18:15~20:30/6か月6回 19,440円
Webからお申し込み(外部サイト)

  

 

 オペラ史417年を半年で!

 

 

写真提供:Gakken pub

 

 お話とピアノ伴奏 青島 広志(作曲家)

 歌 小野 勉(テノール歌手)

(青島さんから)「オペラはヨーロッパにおいて、417年間常に娯楽のトップを占めてきました。しかし日本では、まだ『教養・勉強のため』という雰囲気が強いようです。でもこれは当然です。上演の多くは原語ですし、私たちにはなじみないギリシャ神話などが出てくるのですから! この講座はそうした数多くのオペラ作品から「これだけは!」という代表作を取り上げます。何より自らオペラ界に身を投じた講師と、万能の歌い手がお世話をしますから、臨場感いっぱいです! どうぞいらしてください」

 

10/5、11/20、12/11、1/12、2/9、3/13  18:30~20:00/6か月6回 22,680円

Webからお申し込み(外部サイト)

 

 

 ★大手町で踊る★「ビューティ・フラ」

 

 

 

 美しい音楽で楽しく踊る「ビューティ・フラ」を、ハワイ州知事認定親善大使でフラダンサーの藤下まさこさんが初歩から指導します。ハワイを感じてキレイになりましょう!

第1・3水曜18:45~20:00(原則)/3か月6回 19,440円
Webからお申し込み(外部サイト)

 

 

 サイエンス読書カフェ

 

 

 

 中公新書を中心に科学の本を読み、感想や意見を交わします「店主」は元読売新聞の元編集委員。著者も迎えます。

 

 12月12日(火)午後6時半、大手町「サイエンス読書カフェ」は、国立天文台普及室長の縣秀彦(あがた・ひでひこ)さんの著書「地球外生命は存在する!」(幻冬舎新書)がテーマです。天文学者には、一般市民の興味を引き出す、いわゆるコミュニケーション能力に長けた研究者が少なからずいて、驚かされることが多いのですが、縣さんはその代表格のお一人です。天文学への興味をいざなう「面白くて眠れなくなる天文学」(PHP出版)という手引書もありますが、著作と共に、彼のお話しはまさに面白くて眠たくならない......魅力があります。当日は、宇宙生命の最新研究にまつわるお話を入口に、最近話題のブラックホールの素顔、今年のノーベル物理学賞、重力波の背景、この夏の皆既日食観測なども含めて、縣さんとの討論、質疑を進めたいと思います。

 

 それでは12月12日午後6時半、大手町でお待ちしています。

 

第2火曜18:30~20:00/6か月6回 6,480円(1,080円/回)
Webからお申し込み(外部サイト)

 

 

講座のお申し込みはWebまたはお電話(03-3642-4301)にてお受けいたします。

 

 

 

 「仁和寺と御室派のみほとけ」展特別講座(チケット付き)

 

 

 

 「仁和寺と御室派のみほとけ」展特別講座

 

 

 

 京都観光おもてなし大使・宣京師・仏像ソムリエ 小嶋 一郎 氏

 総本山でもなかなか拝せない「国宝薬師如来坐像」、江戸時代以来の出開帳という葛井寺(ふじいでら)の「国宝千手観音坐像」がとりわけ見ものです。開会前に見所を聞いてお出かけください。

 期間中、金曜夜や土曜午後に、「仁和寺縁起~歴史と祈り(観賞券付き)」「お坊さんカフェ」「阿字観体験」「写仏」「東博研究員の仏像解説」(観賞券付き)、「仁和寺の年中行事」などを予定しています。

 

1月13日(月)13:00~14:00|14:10~15:10(2コマ) 3,996円

Webからお申し込み(外部サイト)

 

 

 鹿児島県講座(参加無料)

 2018年は明治維新から150年。大河ドラマ「西郷どん」で注目される鹿児島県を再発見する特別講座です。

 鹿児島県東京観光連絡協議会、観光かごしま大キャンペーン推進協議会共催。

 

 

 

 トークセッション 維新を牽引した薩摩の人々

 

 

 

 ジャズピアニスト 山下 洋輔 氏

 鹿児島大学名誉教授 原口 泉氏

 薩摩はなぜ維新を牽引したのか。西郷隆盛や大久保利通ら薩摩の人や気風、知られざる逸話など、曽祖父が西郷らと戊辰戦争を戦った山下さんと、NHK大河ドラマの時代考証を数多く担当した原口さんに語ってもらいます。

 

 ※会場は、二松学舎大学講堂となります。

2月24日(土)14:00~16:00 無料

Webからお申し込み(外部サイト)

 

 

 知られざる西郷隆盛

 

 

 

 歴史家 安藤 雄一郎 氏

 

 2度にわたる島流し、3人の妻と5人の子ども。明治維新の立役者で新政府のトップに上り詰めながらも、西南戦争を機に人生が暗転した西郷の謎多き人生に迫ります。

 

1月13日(土)16:00~17:30 無料

Webからお申し込み(外部サイト)

 

 

 活火山の桜島と共存する鹿児島らしい生き方

 

 

 

 京都大学大学院 人間・環境研究学科教授 鎌田 浩毅 氏

 

 鹿児島は日本列島の中でも火山の恵みを受けてきた豊かな地域です。京都大学が観測拠点を持つ活火山の桜島を入り口に、桜島と新燃岳と共存する生き方を熱く語ります。『地学ノススメ』(ブルーバックス)で述べたように火山の知識は鹿児島にこそ必要です。京大人気ナンバー1教授による最先端の火山学のおしゃれな出前講義。

 

2月3日(土)13:00~14:30 無料

Webからお申し込み(外部サイト)

 

 

 薩摩藩の近代化と明治維新~国際性と工業力

 

 

 

 尚古集成館館長 松尾 千歳 氏

 

 明治維新はいち早く外圧にさらされた薩摩藩が幕府や藩という枠を打ち破り、日本が一丸となって西欧列強に対処できる体制を造り出すためのものでした。薩摩藩はなぜ最先端の工業力・技術力を持っていたのか。琉球貿易などを通じたその国際性や、武士が多かった藩の特徴、教育制度、豚肉などの食文化をひも解きます。

 

3月17日(土)13:00~14:30 無料

Webからお申し込み(外部サイト)

  

 

 音楽家が語る 日本・少女マンガ史―『リボンの騎士』から『24年組』まで

 

 

 

写真提供:Gakken pub

 

 (青島さんから)「日本が世界に誇る文化『マンガ』。その中でも全く独自の位置を占めるのが少女マンガです。しかしその歴史は曖昧模糊とし、いまだに体系立って論じられているわけではありません。今回は昭和30年代前半から愛読者だった青島広志(作曲家)が、実作をひもときながら、お客様と過去の時間を語り合います。当時を知る方も、新しいマンガファンの方も、是非いらしてください!(なお、今回が満員なら、次回からマンガ家の登場も予定しています)」※この講座を経て、1月から月1回の定期講座を予定しています。

11月28日(火)18:30~20:00 3,240円

Webからお申し込み(外部サイト)

 

  

講座のお申し込みはWebまたはお電話(03-3642-4301)にてお受けいたします。

 

お問い合せは、よみうりカルチャー大手町スクール事務局(03-3642-4301)