和モダン「うるしと金継ぎ」 

講座コード:
201807-12110010

2018年5月19日 更新

講師名

日本文化財漆協会会員 増山 明恵

内 容

日本人は昔からうるしを使って様々なものを作り、生活の中で生かしてきました。うるしは丈夫で美しく安全な天然素材です。この講座は、壊れた陶磁器などを、うるしと金を用いて美しく修復する「金継ぎ」や、カラフルな色うるしや金銀を用いた、箸やアクセサリーなどの制作を行います。暮らしの中で、楽しんで使っていけるようなものを一緒に作っていきましょう。

日 時

第1・3週 金曜日 10:00~12:00

7/6、7/20、8/3、8/17、9/7、9/21

受講料

会員: 3か月 6回 14,904円(うち消費税額1,104円)

設備費

926円

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 随時 1日体験2,638円 教材費別

ご案内

備考 教材費:別(作品によって)

初回持参品

当日ご用意頂く物:ゴム手袋、アームカバー、エプロン

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。