季節の絵てがみ 

講座コード:
201804-03530070

2018年5月17日 更新

講師名

書道・絵手紙恒水会主宰 千金楽 恒水

内 容

上手に描けても「うまいね」と言われるだけで終わってしまう絵てがみではさみしいものです。誰かに何かを伝え、送った相手と心と心のキャッチボールが出来るような絵てがみが描けるようになりませんか。自分の受けた感動を、自分のスタイルで素直に表現出来れば心身共に豊かになれるような気がします。絵てがみを始めると物の見る目が変わってきます。また、今まで見落としていたものが見えてきます。そして、心が動いたら一気に描きましょう。春夏秋冬、四季折々の絵を描き言葉を添え、透明感とみずみずしさが魅力の顔彩で、無心で「描く」「書く」

日 時

第3週 木曜日 10:30~12:30

4/19、5/17、6/21、7/19、8/30、9/20

受講料

会員: 6か月 6回 14,904円(うち消費税額1,104円)

設備費

926円

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 体験料 2,638円

ご案内

雑費 教材費:別

初回持参品

画材(梅皿、顔彩18色、青、墨、油煙墨、隈取筆(中)、書道用小筆等 )       
※お持ちでない方は教室で一括購入いたします。(約6,000円位)

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。