竹はり画 

講座コード:
201710-12310090

2017年11月11日 更新

講師名

竹真会主宰 菅谷 清康

内 容

竹はり画は、良質な孟宗竹や真竹の肉質部を板状に加工し、これを材料として作品を作っていきます。まず、原画の各パーツをトレーシングペーパーに書き写します。そして、書き写したパーツを切り抜き、それを板状に加工した材料に貼っていきます。さらに、貼ったパーツの線に沿って材料をカットします。カットした材料に陰影を付けるため、鉄板上で焼き焦がします。それらを組んで台布に貼っていくと感性です。作品は、花や鳥、風景など多彩です。とても竹が材料とは思えない、素晴らしい立体的な作品に仕上がります

日 時

第2・4週 月曜日 10:00~12:00

10/9、10/23、11/13、11/27、12/11、12/25

受講料

会員: 3か月 6回 14,904円(うち消費税額1,104円)

設備費

926円

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。