漢字と仮名書道 

講座コード:
201807-04048963

2018年5月14日 更新

講師名

日展会友・読売書法会理事 川名 思孝

内 容

 芭蕉の名文「奥の細道」を題材に、文と句を鑑賞しながら小筆を用いて書きましょう。
目指すは「美しく、読みやすく」。
この漢字と平仮名の調和した書体は現代の手紙文や葉書など実用的な筆にも応用できます。また、半紙に6文字の課題により、筆遣いの勉強をします。この課題も漢字と平仮名です。

日 時

第1・3・5週 木曜日 10:00~12:00

7/5、7/19、8/2、8/30、9/6、9/20

受講料

会員: 3か月 6回 14,904円(うち消費税額1,104円)

設備費

972円

テーマ

・小筆を用いて「奥の細道」を漢字仮名交じりで書く
・奥の細道、文と句の解説
・美しい文字の基本理論、筆順等の解説
・半紙6文字による筆つかいの練習

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 随時 体験料2,646円(要予約)

ご案内

教材費 テキスト代実費

初回持参品

墨、下敷、半紙

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。