シリーズ16

歴史と出会う東京の散歩道  野外

講座コード:
201804-01351060

2018年3月7日 更新

講師名

坂学会会長、前愛知みずほ大学教授 原 征男

内 容

 武蔵野台地とこれに続く沖積地に拡がる首都・東京。
坂が多く、橋も多いという変化に富んだ地形、そして江戸を経て明治から現代に至る400年近くに間、政治と文化の中心地として様々な歴史が積み重なった面白い街といえます。
 こうした地形や街角に残る歴史の面影を追ってまだ知らなかった東京を見つけてみませんか。

日 時

第2週 火曜日 10:30~12:30

4/10、5/8、6/12

受講料

会員: 3か月 3回 9,072円(うち消費税額672円)

教材費
歴史東京散歩道コピー代(税8%)
324円
テーマ

4/10 戸越公園から戸越銀座を歩く
  下神明天祖神社、杜松斎景湖の墓、戸越公園、国文学研究資料館、三井坂、八幡坂、行慶寺、戸越銀座商  店街など

5/8  練馬の新しいつつじの名園に行くへ
  練馬城址(豊島園)、向丘庭園、十一ヶ寺、信行寺、白山神社、大鳥神社、平成つつじ園など

6/12 上野・不忍池の畔を歩き蓮の花を見る
  東京文化会館・国立西洋美術館、上野東照宮、不忍池、駅伝発祥の碑、弁天堂、弁天島の碑(めがねの碑、真友の碑など)、下町風俗資料館など
   

保険料

300円

途中受講

できます

見 学

できません

体 験

できません

ご案内

現地集合・解散

初回持参品

雨具、筆記用具

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。