《講師から》デコ巻きずし 下野 ひとみさん

大森センターでご活躍の講師から、講座にかける思いや、情熱を語っていただきました。

 

夢や希望までを巻いていけたら

 デコレーションした太巻きのことを略して「デコ巻き」と呼んでいます。千葉県房総地方の郷土料理と、江戸前の細工寿司の技法を基本に作ります。

 出会いは、中学生の時、友達の家で。「こんなにきれいなお寿司があるんだ」。友達のお母さんが作ってくれたかわいいお花に目を奪われました。

 デコ巻きは、酢めしと具材を組み合わせ想像力と工夫をこらして造形します。花だったり、動物やテレビの人気キャラクター、おひなさまやこいのぼりといった季節の歳時記までも巻くこともできます。受講される方は「お子さまやお孫さんのために」という方が多いようです。私が昔感じたように、子供たちが「わぁ」っと驚く姿が目に浮かびます。皆さんと一緒に、夢や希望まで巻いていけたらうれしいですね。

 

 

 

〈プロフィル〉

(公財)日本生涯学習協議会認定デコ巻きマイスター。日本デコずし協会所属。

デコ巻きずし

第2月曜 13:00~15:00