和裁

和裁B 

講座コード:
201804-13912901

2018年5月6日 更新

講師名

元専門学校講師 佐々木 てる子

内 容

昔から日本の文化である着物。祖母様、お母様が大切に着られた着物。まだまだ手を通す事が出来、肌を通して想い懐かしまれるお召し物と思います。
眠っている絹の息づかいを生き返してみませんか。
ゆかたが終った後は、各自ある材料で進めて行きたいと思います。

【講師プロフィル】佐々木てる子(ささき てるこ)
1945年山形県出身。小学生の頃の夏休み作品展でゆかたを作って金賞をもらったことがきっかけで、和裁に興味を持ち、本格的に和裁専門の学校で勉強。1988年より大宮服飾技術専門学校にて9年間和裁講師を務める

日 時

第1・3週 土曜日 10:30~12:30

4/7、4/21、5/19、6/2、6/16、6/30、7/7、7/21、8/4、8/18、9/1、9/15

受講料

会員: 6か月 12回 29,808円(うち消費税額2,208円)

設備費

1,814円

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 随時 体験料2,635円

ご案内

教材費/別。テキスト代1,380円程度。布は各自用意。
初めは基礎縫いから行い、ゆかた、自由な作りたいもの、進みます。

初回持参品

裁縫箱一式、サラシまたは白モス、浴衣もしくは直したいものをお持ちください。
※体験時も同様のものをご用意ください。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。