デッサンを描こう 

講座コード:
201804-03310663

2018年2月19日 更新

講師名

元多摩美術大学・多摩芸術学園講師 松波 照慶

内 容

 「デッサン」なんて、堅苦しい基礎訓練のように思っていませんか。
 でも、デッサンは油彩画や水彩画のような重い画材を持ち運ぶ煩わしさもなく、鉛筆と紙(スケッチブック)さえあれば、いつでもどこでも楽しく絵を描くことが出来ます。単色で描くので短時間で完成させることが出来ます。
 初心者には描画材料を説明し、物の見方、考え方、簡単な遠近法や明暗描写の方法などを分かりやすく説明します。
 経験者には個性的な制作が捗るために描写性よりも表現力を高めるように、画面の構造性追求や作品制作の下絵としてのデッサンを追求してもらいます。
 これから趣味で絵を描こうという人も、既に油彩や水彩画を趣味とされて描いている人もデッサンは絵の基礎としてまた今ある技術をより高めるためにも必要です。

【講師プロフィル】
中学校や高校、美術大学や美術専門学校で35年超にわたりデッサンの授業を担当。そこで得た知識や経験を活かし、楽しく描けるよう指導していきます。

日 時

第1・3・5週 水曜日 10:00~12:00

4/4、4/18、5/2、5/16、5/30、6/6、6/20

受講料

会員: 3か月 7回 18,900円(うち消費税額1,400円)

設備費

1,058円

テーマ

①単純な静物を使って、基礎的な形の見方、描き方。調子の付け方を試みる
②単純な静物を使って、背景(空間)も描く
③無機的なもの(硬質なもの)を描く
④有機的なもの(花など生きているもの)を描く
⑤季節感のあるものを描く
など

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 随時(要予約)

初回持参品

初回F8のスケッチブック、鉛筆(HB〜2B)、練り消しゴム(初回に2回目以降の道具の説明をします)
2回目以降はスケッチブック(F6号またはF8号。紙の薄いクロッキー張は不可)、鉛筆(HB、2B)、練り消しゴム、普通の消しゴム、カッター又は簡単な鉛筆削り

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。