平家物語を読む 

講座コード:
201804-01210041

2018年5月6日 更新

講師名

大正大学非常勤講師 関口 崇史

内 容

 おごる平家が滅び行く姿を綴り、源平合戦を通じて武士の活躍を描く『平家物語』を一緒に読み解いてみませんか。
 治承4年(1180)の以仁王の挙兵以降、源頼朝、木曽義仲をはじめとする各地の源氏一門が反平家の兵を挙げます。一方、平清盛死去に直面した平家はさらなる苦境に立たされます。10月期は、物語の主人公であった平清盛が退場した直後を描く、巻六「慈心坊の事」(上巻、297頁)から読んでいきます。

日 時

第1週 金曜日 13:00~14:30

4/6、6/1、6/29、7/6、8/3、9/7

受講料

会員: 6か月 6回 16,848円(うち消費税額1,248円)

設備費

777円

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 随時

ご案内

テキストは、角川ソフィア文庫の「平家物語」上・下を使用します。各自でご用意下さい。

初回持参品

筆記用具、テキスト

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。