宝生流の謡曲の講座です

はじめての能(宝生流)・謡曲  新設

講座コード:
201704-06011500

2017年5月19日 更新

講師名

能楽協会会員・シテ方宝生流能楽師 亀井 雄二

内 容

 能の基本である謡(うたい)を、初歩から学ぶ講座です。
謡は、演劇の台本にある謡本を声に出して謡います。稽古では謡本の読み方や発声を学びます。椅子での稽古になります。
 声を出し、体を動かすことで健康的で、美しいし姿勢を身につけることができます。
この機会に初心者の方も、日本の伝統文化に触れてみませんか。

【講師プロフィール】
宝生流十九世宗家 宝生英照及び、二十世宗家 宝生和英に師事。様々な学校などでも謡曲・仕舞の指導経験あり。

日 時

第2・4週 水曜日 10:00~11:00

4/12、4/26、5/24、6/14、7/12、7/26、8/9、8/23、9/13、9/27

受講料

会員: 6か月 10回 27,000円(うち消費税額2,000円)

設備費

1,512円

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます

ご案内

テキスト代別。謡本(税込み3,000円)と扇子代(6,000円)※講師にお支払い下さい

初回持参品

筆記用具、録音道具

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。