<報告>「カレイナニ早川 トーク&スペシャルレッスン」盛会でした

 5月13日、日本フラダンス界の牽引者であるカレイナニ早川講師を迎えた公開講座は、約100人のお客様で満席となりました。

 ご自分のハワイアンネームの由来から始まり、半世紀前にフラを常磐ハワイアンセンター(当時)で始めたころの苦労話を紹介。当時、日本語の歌詞を使ったところ、会社から反対されたそうです。「日本語でいいじゃないですかと言って作ったのが『南国の夜』です」。ここで、大宮センターの講座「お勤め帰りのフラダンス」火曜金曜の合同チーム18人が、『南国の夜』を披露しました。

 今回は、早川講師がモデルとなった映画「フラガール」の10周年を記念しての開催。早川洋舞塾から約30人のビューティフル・フラ講師陣が次々と華麗なステージを展開し、映画主題歌「虹を」をお客様と一緒になって踊るフィナーレは圧巻でした。