青島広志の

「この曲」の意味と歌い方  新設

講座コード:
201804-09994500

2018年5月11日 更新

講師名

作曲家 東京藝術大学講師 青島 広志

内 容
講座写真1
講座写真2
講座写真3

 歌うことがお好きな方、でも一人では気おくれする、とおっしゃる方に最適な講座です。息の合った、しかし主張はハッキリしている2人の名講師による実演付きです。とくに今期は、音域的にも表現上も無理のない歌曲を数曲ずつ選び、入りやすい日本語詞も提供します。歌うのが恥ずかしい方は、その曲の持つ意味を知るだけでも、知的財産を増やすことでしょう。お知り合いをお誘いいただければ嬉しいです。

(青島広志氏プロフィル)1955年東京生まれ。東京藝術大学および大学院修士課程(作曲)を首席で修了。作曲した作品は200を超す。ピアニスト、指揮者としての活動も40年を超え、最近はコンサートやイベントのプロデュースもこなしている。「題名のない音楽会」や「世界一受けたい授業」などに出演。東京藝術大学、都留文科大学講師。洗足音楽大学客員教授。日本現代音楽協会、作曲家協議会、東京室内歌劇場会員。

(小野勉氏プロフィル)高校生の時、かわいらしい先輩の勧誘でうっかり合唱部に入って音楽の道へ。童謡からオペラアリアまで幅広いレパートリー。青島広志氏創作の舞台に出演。

日 時

第3週 木曜日 19:00~20:30

4/19、5/17、6/21、7/19、8/16、9/20

受講料

会員: 6か月 6回 25,920円(うち消費税額1,920円)

設備費

972円

教材費
音楽著作権使用料 資料代@100
129円 648円
テーマ

4/19 イタリア古典歌曲 アマリリ麗し/私を死なせて/陽は登りぬガンジスより/
             うつろの心
5/17 シューベルトの歌曲 音楽に寄す/ます/野ばら/魔王
6/21 モーツァルトの歌曲 すみれ/クローエに/春への憧れ/
              ルイーゼが不実な恋人の手紙を焼いた時/老婆
7/19 トスティの歌曲 セレナータ/最期の歌/はるかに/四月
8/16 山田耕筰の歌曲 待ちぼうけ/からたちの花/この道/松島音頭/
            鐘が鳴ります
9/20 平井康三郎の歌曲 ゆりかご/平城山/九十九里浜/びいでびいで/夜中

途中受講

できます

見 学

できません

体 験

できます 随時 体験料4,611円(資料代含みます)

初回持参品

筆記用具

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。