ピアノ伴奏でご一緒に

シャンソン「私のパリ」  新設

講座コード:
201710-09714170

2017年8月19日 更新

講師名

指導・国立音大教育音楽卒 高久 由紀子

ピアノ・国立音大ピアノ科卒 薄井 真紀

内 容

 シャンソン(Chanson)とは、フランス語で“歌”という意味です。ですからシャンソンと言えばフランスの歌という事になります。
 フランスが誇る都パリで古くから発信されて来た歌(パリへの讃歌、地方の美しい自然を歌った曲、人生を深く見つめる曲、愛、恋を歌ったもの)を御自分の人生をオーバーラップさせながら歌ってみませんか。
 特別な発声はいりません。御自身の飾らない声で……。そして時にはたどたどしくてもいいのです。フランス語でもチャレンジしながら……。

【高久由紀子講師略歴】
1942年生まれ。中学、高校教師。家庭に入りピアノ教師。少女の頃に観たフランス映画「モンパルナスの灯」に魅せられパリに強いあこがれを抱く。97年よりシャンソンコンサート「私のパリ」を開き、現在、荻窪、自由が丘センターにおいて指導。

日 時

第1・3・5週 日曜日 13:00~14:30

10/1、10/15、11/5、11/19、12/3、12/17

受講料

会員: 3か月 6回 16,200円(うち消費税額1,200円)

設備費

972円

教材費
音楽著作権使用料
129円
テーマ

・1か月に新曲1曲、復習曲1曲(スタンダードから新しいものまで)
・毎年6月にコンサートを行います。

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 体験料2,883円(教材費別)

ご案内

教材費:楽譜・テープ代別。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。