実用書から文学作品まで

親しむペン字 

講座コード:
201710-04512522

2017年8月16日 更新

講師名

清新書会主宰 稲垣 啓風

内 容

 硬筆の基本を大切にしながら、四季折々の手紙やハガキそして冠婚葬祭に必要なのし袋などを美しく仕上げるコツを学びます。また結婚式やパーティーなどで、ためらいなく記帳できることも一つの目標にします。実用書の他にも和歌や文学作品などの筆写を通して書くことの楽しさを味わってまいります。
ペン、筆、筆ペン、ボールペンのどれでもご指導致します。

日 時

第1・3・5週 月曜日 13:30~15:00

10/2、10/16、11/6、11/20、12/4、12/18、1/15、1/29、2/5、2/19、3/5、3/19

受講料

会員: 6か月 12回 32,400円(うち消費税額2,400円)

設備費

1,944円

テーマ

・筆やペンの基本練習
・住所や名前の書き方
・季節の手紙、ハガキの書き方
・のし袋、芳名帳の書き方
・文部科学省後援硬筆書写検定試験受験の指導
・和歌、文学作品の製作

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 体験料2,862円

ご案内

雑費 テキスト代483円、コピー代実費

初回持参品

ペン、筆、筆ペン、ボールペンなどお好きな筆記用具、ノート(10マス)

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。