対話・手紙・心のつぶやき

源氏物語と和歌 

講座コード:
201710-01211304

2017年8月21日 更新

講師名

共立女子大学名誉教授 篠塚 純子

内 容

 源氏物語には800首近い和歌があります。和歌は対話であり、手紙であり、心のつぶやきであり、物語には欠かせない存在です。作者の紫式部は、物語にどのような和歌が必要かをよく心得ていたようです。
 光源氏を取り巻く女君たちの和歌は、それぞれの場面にふさわしいばかりでなく、彼女たちの運命をも予感させ、興味深いものがあります。このようにさまざまな役割をもつ和歌に焦点を当てつつ、源氏物語を読み、味わいたいと思います。

日 時

第4週 木曜日 13:00~14:30

10/26、11/23、12/28、1/25、2/22、3/22

受講料

会員: 6か月 6回 17,496円(うち消費税額1,296円)

設備費

972円

教材費
教材費単120★
777円
テーマ

「乙女(おとめ)」・「玉鬘(たまかずら)」・「初音(はつね)」の各巻を読む

途中受講

できます

見 学

できます 20分間程度無料で見学できます。

体 験

できます 随時 体験料3,207円

初回持参品

筆記用具

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。