伝統工芸を自分で作る。

江戸からくり茶運び人形(6か月コース)  新設

講座コード:
201704-12312138

2017年4月1日 更新

講師名

スタジオぎえもん 前多 慎太郎

内 容
講座写真1
講座写真2

 茶碗を盆に置くと動き出し、人が受け取ると「くるり」と回ってもとの位置に戻っていく「茶運び人形」を制作します。
 江戸時代の設計書を解読して、伝統工芸品として「スタジオぎえもん」が復元しました。ねじを巻くと、キリリとした表情で動く姿が印象的です。サクラ材の組み立てから西陣織の着物を着せるまで、6か月で一生ものとなる人形の完成を目指します。

※3月1日(水)〜4月18日(火)センターで作品展示中です。
※デモンストレーション 2月28日(火)13時~13時30分
※デモンストレーション・事前説明会 3月21日(火)13時〜14時


日 時

第1・3週 火曜日 10:15~12:15

4/18、5/2、5/16、5/30、6/6、6/20、7/4、7/18、8/1、8/29、9/5、9/19

受講料

会員: 6か月 12回 45,360円(うち消費税額3,360円)

設備費

1,944円

教材費
教材費
220,000円
テーマ

■江戸からくり人形
1796年(寛政8年)に細川半蔵頼直が著したからくりの設計書「機巧彙」(からくりずい・きこうずい)を、スタジオぎえもんの半屋春光さんが解読。使われている素材・加工法までを突き止め、江戸からくり人形を完全復元した。

途中受講

できます 開講日の2週間前にお手続きください。

見 学

できます

体 験

できません

ご案内

教材費1体22万円
※受講料とご一緒にお手続きをお願いします。(クレジットカード一括払い)

初回持参品

筆記用具、エプロン、持ち帰り用の袋など

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。