貴族・仏教・和歌・暮らし

古文に新しくチャレンジ  新設

講座コード:
201704-01211310

2017年4月6日 更新

講師名

予備校講師 平安朝愛好家 小野 賢一

内 容

 【4月期は開講しません。カリキュラムを再編して6月以降に】
 「女房」って、どんな人のこと?忘れてしまった、苦手だった「古文」と古典常識を教科書副読本レベルで学び直します。
 平安・鎌倉時代のロマン溢れる、日本人の心の原点である美しい文学の小品と「古典常識」を毎回取り上げ、講師からヒントを得て、受講生ご自身で訳していきます。

日 時

第2週 日曜日 10:30~12:00

4/9、5/14、6/11、7/9、8/27、9/10

受講料

会員: 6か月 6回 18,144円(うち消費税額1,344円)

設備費

972円

テーマ

第1講 文法用語の説明、品詞・活用形 「稚児のそら寝~古本説話集」 仏道など
第2講 活用語・接続 「御前にて人々~枕草子より」 貴族の身分など
第3講 用言 「泉大将~大和物語」 和歌に関して
第4講 名詞・助詞 「昔、若き男~伊勢物語より」 婚姻・恋愛
第5講 助動詞 「昔阿倍仲麻呂〜土佐日記より」 旅
第6講 敬語 「大和大納言参り給~枕草子より」 宮廷の生活

途中受講

できます

見 学

できません

体 験

できます 体験料3,186円

ご案内

※8月は、第4週日曜日です。

初回持参品

筆記用具

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。