民謡 (唄・三味線)  

講座コード:
201701-06135111

2016年11月17日 更新

講師名

藤本流師範 藤本 扇弥

内 容

旅のつれづれを慰めてくれるのが民謡。土地の風土と生活の中から生まれ、うたい継がれてきた民謡で、日本人の心の原点とも言えます。講座では、前半を唄、後半は三味線のお稽古に当て、基本から初、中、上級と技量に応じた、納得のいく指導をします。唄だけの稽古でもかまいません。

日 時

第1・3・5週 金曜日 18:00~20:00

1/6、1/20、2/3、2/17、3/3、3/17

受講料

会員: 3か月 6回 17,496円(うち消費税額1,296円)

設備費

972円

教材費
楽器使用料
1,296円
テーマ

黒田節、斉太朗節、外山節、ソーラン節の初級
関の五本松、佐渡おけさ、十三の砂山、山中節、花笠音頭の中級
大黒舞、新相馬節、喜代節、磯節、紅花摘み唄など
はずみのあるもの、無いものの弾き方を覚えて頂きます。

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 3,078円、楽器使用料216円(要予約)

ご案内

前半は代表的な民謡を一曲ずつ、後半は三味線を基本から習います。唄だけのけいこもできます。教本代1集につき842円(教室支払い)
楽器使用料216円(1回)回数分いただきます。

初回持参品

三味線ばち、指かけ、ひざゴムなど。(お持ちでない方は初日に説明します。)

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。