ゆかたから礼装まで

月1回の着付け教室 

講座コード:
201610-07310021

2017年2月15日 更新

講師名

全日本和装協会常任理事 戸村 房子

内 容

きものを一人で着られる様になる…を目標にして練習します。着付を習いながら自分に似合う色や柄を見つけましょう。柄は人を色は着る人の個性を表わします。初心者には肌襦袢の説明から始めます。 着る喜びを身に付けたら、次のステップ、他人への着せ付け方もいたします。

日 時

第2週 火曜日 13:00~15:00

10/11、11/8、12/13、1/10、2/14、3/14

受講料

会員: 6か月 6回 16,848円(うち消費税額1,248円)

設備費

972円

テーマ

・長襦袢の半衿の付け方とその意味
・半巾帯の結び方
・名古屋帯・袋帯の結び方
・ゆかた、普段着、礼装、留袖の着方
・帯と着物の組合せ方と色と柄選び
・着くずれを防ぐための体型補正とは
・カラーコーディネート

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できません

ご案内

教材費:テキスト代3,024円。

初回持参品

長襦袢、半衿、糸、針、タオル1本、腰ひも、筆記用具。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。