気づきにくい目の病気「緑内障」を知る 公開講座を開きました

 公開講座「知っておきたい目の病気~緑内障」を開き、教室いっぱい60人を超える方が参加しました。

ありがとうございました。

 講師は、お茶の水で「眼科の総合病院」として知られ、創立136年を迎える井上眼科病院の井上賢治院長です。

わかりやす解説画像や手術の動画など、映像を豊富に使い、日本人の視覚障がいの原因の一つとなっている緑内障に関して、

「どんな病気?」「緑内障になると見え方はどうなるの?」「治療方法は」「眼圧を下げる点眼薬や手術について」「早期発見には」など、

順をおって解説が続きました。

 講座の途中では、一人一人に用意した円形シートを広げて回し=写真=、全員で「視野の欠け」をセルフチェックしました。

受講者の皆さんからの質問が続き、井上講師には講座終了後も応じていただきました。

 ※井上講師による「目の病気」の公開講座は、緑内障に関しては9月9日に大宮センターで、白内障に関しては5日に八王子センターで開催します。