野外

ハマの味と歴史散歩  野外

講座コード:
201804-08824310

2018年5月21日 更新

講師名

歴史ライター 清水 克悦

内 容

横浜が歴史の舞台に登場してくるのは、開港から4年前の日米和親条約締結のころからです。開港によって海外の文化が真っ先にもたらされ、百戸足らずの辺鄙(へんぴ)な横浜村が、たちまち最先端の都市に変貌しました。人々は戸惑い、恐れ、不安視もしましたが、好奇心が旺盛で、すぐ新しい文化を吸収していきました。そんな当時の人たちの姿に思いを馳せながら、街を歩きましょう。散策の途中では、文明開化の街が育んできた老舗や、隠れた名店の味も味わいます。

日 時

第4週 金曜日 10:00~13:00

4/27、5/25、6/22、7/27、9/28

受講料

会員: 6か月 5回 14,600円(うち消費税額1,100円)

教材費
教材費(550)
3,000円
テーマ

04/27 總持寺から生麦事件碑へ(集合:JR鶴見駅西口改札10時)
05/25 神奈川宿を歩く(集合:JR東神奈川駅改札10時)
06/22 開港場へ生糸を運んだ横浜道を歩く(集合:JR横浜駅中央北改札10時)
07/27 吉田新田を歩く(集合:京急線南太田駅改札10時)
09/28 三溪園を散策する(集合:JR横浜駅中央北改札10時)

保険料

500円

途中受講

できます

見 学

できません

体 験

できません

ご案内

横浜・大森センター合同講座
※定員数は他センターとシェアしています。
定員:20名(最少開講人数:8名)

※各回の食事代は当日各自支払い

※8/24は休講いたします。

初回持参品

散策に適した服装・靴、雨具など

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。