宝生流 謡曲 

講座コード:
201710-06011142

2017年10月24日 更新

講師名

重要無形文化財保持者 日本能楽会会員 シテ方宝生流能楽師 朝倉 俊樹

内 容

謡曲・仕舞とは、能楽の基礎になる音曲・舞踊の事です。能楽と言うとなかなかとっつきにくいと思われがちですが、最近では、薪能など屋外の公演も多く、ご覧になられた方も多いと思います。その能楽の基礎となる謡曲・仕舞を始めてみませんか。老若男女を問わず、どなたでも謡える様に、舞える様になります。宝生流では、現行曲として180曲ございます。謡曲は、その中から比較的馴染み深い曲を中心にお稽古致します。また仕舞は、動きの簡単な曲からご指導致します。長期にわたってのお稽古も可能です。この機会に日本伝統の古典芸能を身につけましょう。

日 時

毎週 火曜日 19:00~20:30

10/3、10/17、11/7、11/14、11/21、11/28、12/5、12/12、12/26、1/9

受講料

会員: 3か月 10回 23,800円(うち消費税額1,800円)

設備費

2,100円

途中受講

できます

見 学

できます 19:10〜

体 験

できます 要予約3日前〆切

ご案内

テキスト代別 2,916円
定員:10名 最少開講人数:5名

初回持参品

謡曲・・筆記用具、コピー代別途、必要な方は録音器具
仕舞・・足袋又は白い靴下

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。