古事記・日本書紀等の古典から古代史の謎に迫る

文学で読み解く古代史 

講座コード:
201710-01747340

2017年11月15日 更新

内 容

日本の国の成り立ちを宇宙規模のスケールで描いた神話の世界、明治維新に匹敵する文明開化を実行した聖徳太子、日本人が初めて体験した世界大戦・白村江の戦など、「古事記」、「日本書紀」、「万葉集」といった古典文学の名作から古代史の謎に迫ります。

【講師プロフィル】
文藝評論家。東洋大学非常勤講師。日本各地の風土や文化を教授。日本国体学会主催の講演会で「天智天皇と戦後復興」を題目に都内で講演。その内容を元に「敗戦復興の千年史」を上梓。

日 時

第4週 日曜日 15:00~16:30

10/1、10/22、11/26、12/24、1/28、2/25、3/25

受講料

会員: 6か月 1回 2,700円(うち消費税額200円)

設備費

2,310円

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます

ご案内

定員:20名 最少開講人数5名

※10/1を初回体験日といたします(第1週目の開講となります)。
※テキスト代別、コピー代実費

初回持参品

筆記用具

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。