神佛と日本の風習文化〜五節句にちなんで〜   公開

講座コード:
201804-18011307

2018年2月16日 更新

講師名

奈良薬師寺執事長 加藤 朝胤

内 容

 節句(せっく)は、中国の陰陽五行説に由来して日本に定着した年中行事で、日本の文化や習慣と重なり、季節の変わり目となる行事です。
 宮中で邪気を祓う目的で宴会が催されたり、季節の旬の植物から生命力を受け取ることにより五穀豊穣・風雨順次を願いました。現在は、季節を楽しむ年中行事として定着しています。
 神道や佛教と重なり、行事を通して心を豊かにし、敬う心を養い、徳を生む大和民族の精神性が花開いた年中行事の歴史を学ぶ講座です。

日 時

5/13 日曜日

第2週 日曜日 13:00~14:30

受講料

会員: 1回 2,160円(うち消費税額160円) 一般: 1回 2,484円(うち消費税額184円)

初回持参品

筆記用具

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。